行政書士試験にチャレンジする前に読んでください

【この記事は 3 分で読めます。】

行政書士試験概要

行政書士試験毎年一回11月の第2日曜日に行われます。

試験科目は

憲法

民法

行政法

商法・会社法 ←2科目で一括りと考えてください。

基礎法学

一般知識

  • 文章理解
  • 政治・経済・社会
  • 情報通信・個人情報保護

の中から出題されます。

合格基準試験全体の総得点が180点以上で合格になります。

ここで気をつけなくてはいけないのが

  1. 「行政書士の業務に関し必要な法令等」科目の得点が、満点の50%以上である者
  2. 「行政書士の業務に関連する一般知識等」科目の得点が、満点の40%以上である者

という要件を満たさないといけません。

どちらかが高得点でも駄目ということです。

なので試験勉強の範囲を絞った勉強というのがが本当に難しいです。

でも安心してください。

僕が高校中退という学歴で(行政書士試験合格と同年に高卒認定試験に合格しましたが)一年で合格したんですから、きちんと勉強すれば誰にでも合格することは出来ます。

僕も初めてテキストを読んだ時は違う国の言葉なんじゃないかと思うくらい難しかったです。

なんせ高校もまともに出ていなかったので、漢字もまともに読めなかったんですから笑

広告

でも人間努力すればいくらでも変われるものなんです。

なので、あまり難しく考えず、合格したあとの自分の姿を思い描いて楽しく準備をしていって欲しいと思います。

今回は細かく試験勉強のために準備をするものなどは書いていきません。

とにかく今はそのチャレンジしようとする気持ちを維持させる方が大事です。

けっこう行政書士関連の漫画などもあるみたいなので、それを読みながら合格した自分を思い描いてモチベーションを維持してください。

これも一つの努力の内に入ると思いますよ!

モチベーションの維持について

よく何か新しいことを始めた時に、思っていたのと違う、飽きちゃったからやめるみたいな事になることってよくありますよね。

最初からエンジン全開で行けば燃料切れになるのも早いんです。

僕もそういうタイプです。

だからいっぱい失敗しました。

だからといって失敗したまたは失敗しそうな自分を責めないでくださいね。

なんでそうなってしまっているのか考えると落ち着きを取り戻せますよ。

そうなってしまっているときは、自分のことを客観的にみる事をお勧めします。

試験勉強をしていて行き詰まってしまったら、気分転換に一日だけ好きなことをしてみるとか。

メリハリを付けてやると効果ありますよ。

僕も勉強に行き詰った時とかは大好きな温泉とかに行ったりしてましたもん笑

時には自分にご褒美を与えたりしてやっていきましょうね。

次回は必要な勉強ツールなど、僕が試して良かった物なんかを載せますね。

では、また。

 

試験概要の参考ページ

 

 

 

広告

簡単レシピ集はこちらから

緑と一緒に暮らそう

暮らしを豊かにする風水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です