サッカーロシアワールドカップアジア二次予選日本代表対シリア代表をテレビで観戦

【この記事は 4 分で読めます。】

こんばんは。

学生時代はサッカーざんまいな日々を送っていましたが、今は観戦するのがやっとなDoさんです。

今日はサッカー日本代表対シリア代表の試合をテレビで観戦しながらブログを書いています。

今日の試合はアジア二次予選を1位で通過するための大事な試合なんです。

まぁ、全部大事な試合ですよね(笑)

でも、実況の人と松木さんが言っているので(笑)

相変わらず松木さんの解説は気合が入っています!

でも、初めてサッカーを観る人にとっては、とても優しい解説をしてくれます。

例えば、「がっ」と行って「ばっ」と取る。

何が言いたいか分かりますか?

多分これは、体を当てて相手がバランスを崩したところでボールを奪い取る。って言ってると思います。

逆に分かりにくいですかね(・・;)

まぁ、とりあえず松木さんはおいといて(笑)

今日のスタメンには、

GK西川

DF長友 森重 吉田 酒井(高)

MF香川 本田 宇佐美 長谷部 山口

FW岡崎

が名を連ねました。

僕の注目選手はGK西川とFW岡崎です。

西川選手は空中の競り合いには弱いんですけど、GKなのに足元の技術が優れていて、キックが正確なんです。

僕も選手としてやっていた時はGKだったので、見ていて勉強になる選手の一人です。

FW岡崎は所属先のレスター・シティ(イングランド)でも好調で、ついこの間は華麗なオーバーヘッドでゴールも決めているので、この試合でもゴールの予感が。。。

あとはなんといっても本田さん、アジア予選5試合連続ゴール中なんで、この試合でもゴールを決めて記録を伸ばして欲しいですね。

試合は、立ち上がりは両チームロングボールを入れて様子を見ている感じでしたけど、徐々に日本らしい細かいパスが繋がるようになって、完全に日本ペース。

広告

前半早々に香川のクロスを相手GKがはじいて、それが味方DFに当たってオウンゴール。

日本にとってはいい時間での先制点。

このまま得点量産と行きたかったのですが、圧倒しながらもなかなか追加点が取れず前半終了。

やはり相手はがっちり守備を固めていてなかなか崩すのが難しいのか。。。

特に相手GKはなかなか上手い!

前半に見せたパンチングスロー見ました?

僕はあんなの始めてみましたよ(^_^;)

外国には面白いことをする人がいるもんですな(笑)

その後このキーパーが松木さんに皮肉られた解説をされていてちょっと笑っちゃいました。

このキーパーがコーナーキックをパンチングでクリアしたら、

松木さん: キーパー、パンチングは得意ですからね!だって

松木さんらしい。

後半も日本が圧倒して、香川の技ありボレーシュートから始まり、本田のアジア予選6試合連続ゴール、香川のこの日2得点目、代わって入った原口。

終わってみれば5-0で日本圧勝!!!

相手もいいシュート打ってましたけど、運がなかったですね。

この試合で心配なのは、MFの山口蛍が、競り合いで相手の頭突きをもろに食らって、出血して途中退場してしまいました。

この山口蛍選手は日本代表でも貴重な存在なので、怪我の具合がかなり心配です。

この山口蛍選手の凄いところは、見方がボールを取られてカウンター攻撃を受けそうなときに、好判断で未然に防いでしまうというところなんですけど、この危機察知能力は日本代表の中ではずば抜けてます。

クラブでも、つい最近ドイツに移籍したばかりなので、一日も早く良くなって活躍して欲しいと思います。

日本代表、二次予選1位通過おめでとう!

最終予選もガンバレー\(^o^)/

ではでは、長々とサッカー話に付き合ってくれてありがとうございます。

広告

簡単レシピ集はこちらから

緑と一緒に暮らそう

暮らしを豊かにする風水

3 件のコメント

  • 日本、ファイトー!

    Doさんのサッカー少年時代も、カッコ良かったよー(*ˊ˘ˋ*)♪
    憧れでした(-^〇^-)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です