行政書士試験で使ったツール『付箋』の使い方

【この記事は 3 分で読めます。】

こんばんは。
行政書士試験シリーズをしばらくサボってしまっていました。
ごめんなさい。

今回は、僕が行政書士試験の勉強で使った付箋のおすすめの使い方を紹介します。

ここで使う付箋はどんな付箋でも構いませんが、できるだけ小さい付箋を使うことをおすすめします。
なぜかというと、この付箋を使った勉強、はじめの内はわからない問題だらけで、過去問が付箋だらけになってしまうからです。わからない問題だらけというと、ちょっとやる気が無くなってしまうかもしれませんが、勉強しだしてはじめの内はわからなくてあたり前なので、全然気にしなくて大丈夫です。

まず、行政書士試験の勉強の手順なんですが、普通ならテキストを読んでから過去問を解くという順番だと思うんですけども、このやり方だと、テキストを読んで頭で理解してから過去問を解こうとする分、過去問に行くまでの時間がかなりかかってしまいます。
なので、その逆のやり方で、過去問を読んでその該当問題の解説をすぐに読むというやり方の方が1ページで済んでしまうぶん理解するまでの時間が短くて済むので、こちらの方が効率的だからです。

テキストは、解説を読んでも理解できない時に辞書代わりとして使うといいと思います。
もちろん、熟読しないと気がすまない方はそれでいいと思いますよ。
他人の勉強法が自分に絶対合っているとは限らないので、この辺は自分なりにアレンジを加えてみてください。

それでは、この付箋の使い方にいきたいと思います。

広告

■過去問(1周目)を読んで理解できなかった問題の横に付箋を貼る。
この時、理解できなかった度合いに応じて色を変えておくと分かりやすくていいと思います。
この貼った付箋にテキストの該当ページ数を書いておくと尚良です。
おそらく一周目は過去問が付箋だらけになってかなりカラフルになると思います。

■過去問(2周目)を読んで理解が出来るようになっていたら付箋をはがす。
この時の理解とは、自分の口から問題の要点を説明できるくらいのことです。
なんとなくわかるけど、口で説明までは、、、という場合は付箋の色をワンランクアップさせてください。

要はこれの繰り返しです。

なんだ、こんな単純な使い方でいいのかって思いますよね?

この同じことを繰り返しやる事によって確実に合格ラインまで到達できます。

巷では、色々な勉強法の情報が錯綜していますが、シンプルに反復してやるやり方でやった方が力がつきます。

1周目はかなり時間がかかると思います。
なので、2周目3周目にいくにつれてスピードアップ出来るように頑張ってください。

僕は10年分の過去問を100回は繰り返しやりました。

繰り返しやって自分の口から答えが言えるようになっていれば、特別に記述式対策などしなくても対応できるようになっていますから。とにかく、繰り返しやるです!

行政書士試験の試験勉強は己との戦いですから、とにかく根気強くしつこいくらい繰り返し勉強してください。

現に僕がなんとか合格できたんですから、これからやるあなたも必ず合格できます。

これからも僕は、行政書士試験にチャレンジする方を心から応援しています。

広告

簡単レシピ集はこちらから

緑と一緒に暮らそう

暮らしを豊かにする風水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です