観葉植物の植え替え方(実践編)

【この記事は 5 分で読めます。】

Doさんのブログにようこそ!

前回書いた記事の中で観葉植物の植え替え方を載せたのですが、ちょうど我が家に新入りの植物がやって来たので、実際にやりながら写真を使って説明していきます。

🌿まずは、今回植え替えをする観葉植物  

019

金のなる木です。

カネノナルキ(金のなる木、学名: Crassula ovata)は、ベンケイソウ科クラッスラ属多肉植物カゲツ(花月)とも呼ぶ。和名フチベニベンケイ[1](縁紅弁慶)であるが、あまり使われない。

英語では dollar plant といい、硬貨に似ているのが名前の由来である。栽培業者が五円硬貨の穴を頂芽に通して固定し、若枝が硬貨の穴を通ったまま成長するようにして硬貨がなったように見せかけ、一種の縁起物的な販売方法をとったため、「金のなる木」や「成金草」の園芸名で俗称されることが多くなった。

南アフリカが東部が原産で、日本には昭和初期に渡来したそうです。

  • 金のなる木は生命力が強い

「金のなる木は」丈夫な観葉植物として知られ、多くの人に人気があるんです。再生能力がとても強いため、挿し木で繁殖させることもできてしまうのです。寒さにもとても強く、氷点下5℃くらいまでは耐えられるそうですよ。

  • 育て方

育て方は、乾燥気味に育てるのであまり水はあげなくても大丈夫なのですが、春から秋の成長期はよく水をあげると成長します。基本は乾燥気味に育てるので、成長期でも一週間に一度あげれば十分です。水のあげすぎには注意して下さい。

それでは実際に植え替えをしていきます。

ホームセンターではプラスチック製の鉢に入って売られていたので、海老名のららぽーと内にあるIN NATURALというガーデニングの専門ショップに行って陶器の植木鉢を購入しました。

020

表面がザラザラしていて、ちょっと素焼き風の雰囲気もあるのですが、色は明るいクリーム色で優しい印象です。

それでは作業に入ります。

🌿準備するもの


  • 植え替えをする観葉植物(多肉植物も含む)
  • 新しい鉢
  • 鉢底ネット
  • 鉢底石
  • 観葉植物の土
  • スコップ

🌿観葉植物の植え替え手順

1. 買ってきた鉢底石ネットを鉢底の穴のサイズに合わせて切ります

018

2. 切った鉢底ネットを新しい鉢の底に敷く

017

3. 鉢底ネットが見えなくなるくらい鉢底石を敷く

015
 鉢底石は、植木鉢の中の水はけを良くするために使います。鉢底石を敷かないと植物の根が鉢底まで伸びてしまい、底にたまった水に浸かって根腐れを起こしてしまうんです。根は石にまでは伸びてきませんので、予防的な意味も含まれています。

鉢底ネットは底石や土が流れ出ないようにするためと、外においた場合に害虫などに入られないようにするためです。

広告

4. 鉢底石の上に観葉植物用の土を鉢の5分の1くらい入れます。

 

014

専用のスコップを使うと土が鉢の外にこぼれにくくていいですよ。

5. 植え替えをする観葉植物を元の鉢から引っこ抜きます。

この時、鉢の底から根っこが出ている状態ですとなかなか抜けないので、底を突き破って  出ている根っこはカットしてから抜くと抜きやすいです。

013

6. 鉢から引っこ抜いた植物の根っこの周りについている土をできるだけ落としていきます。

この時、根っこ同士が絡み合っている状態でしたら少しカットしておくと良いです。

012

根を切る理由

  • 根っこ同士が締め付けあわないようにスペースを確保してあげる
  • 古い根を切って新しい根に変えて若返らせてあげる
  • 根っこを切ることで植物に危機感を覚えさせて、生きようとする習性を利用する。

切ると言ってもたくさん切るのではなくて、人間の髪の毛をすくような感覚程度にしておいて下さい。切り過ぎると弱ってしまう可能性があります

7. 適度に根を切った植物を鉢に入れて背丈に合わせて高さ調整していきます。

入れておいた土が少ないようであれば、少しずつ足して調整して下さい。

011

8. 高さ調整が終わったら土を入れて植物を固定させていきます。

固定のやり方は、少しずつ土を入れては鉢をトントンと地面で叩いて、土を下へ下へと落としていく感じです。これを繰り返して土が下に下がらなくなったら大丈夫です。

009

9. 最後に完成した植木に水をたっぷりあげていきます。

水の量は、鉢底から漏れるくらいたっぷりあげて土全体にまんべんなく行き渡るようにして下さい。この時、水が引いて落ちついたあとに土が下がってしまった場合は、土を足してあげて下さい。

🌿最後に

植え替え直後の植物はとても繊細で、傷ついた根から腐ってしまう可能性があるので、植え替え後一週間から二週間は直接の水やりは避けて葉水を与える程度にして下さい。そして直射日光の当たる場所を避けて養生してあげるようにして下さい。

最近植物の元気がないなぁ~って思ったら、それは植え替え時期のサインかもしれないので、このやり方で是非試してみてくださいね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

73febb0c36be09554c46479404de5191_s

広告

簡単レシピ集はこちらから

緑と一緒に暮らそう

暮らしを豊かにする風水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です