三浦半島の三崎名物「まぐろ」をたっぷり堪能してきました

【この記事は 6 分で読めます。】

Doさんのブログにようこそ!

2016年6月12日(日)に三浦半島へ三崎名物のまぐろと、横須賀市の京急長沢駅前にある和菓子の隠れ名店のわらび餅といちご大福を求めて行ってきました。

僕と妻、妻の父、母の4人で久しぶりに外出するということで、前日は妻と一緒に行きたい店をチェックしたり、あれが食べたいこれが食べたいとスマホの画面を見ながら談笑してワクワクしていました。
だって、三崎のまぐろって全国的にも有名で、以前にも食べたことがあるんですけど、すっごいおいしかったのを覚えていて、それが食べられるって思えばだれだってワクワクしてしまいますよね。

いよいよ当日、気分が最高に高揚した僕らは急ぐ気持ちを抑えてのんびり国道134号線の景色と香りを楽しみながら三浦半島に向かいました。
僕らが住んでいる場所から出発すると、辻堂海岸~江ノ島~七里ヶ浜~稲村ヶ崎~由比ヶ浜~逗子~葉山~長者ヶ崎~立石~三浦~三崎という感じで湘南エリアの名所の景色がほぼ全て堪能できちゃうんです。その中でも僕が大好きなのが、立石公園にある高さ12m・周囲30mもある大きな自然岩「立石」です。この立石が立っている場所は公園ということで、駐車場も完備されていますしトイレなどもちゃんとあって休憩で立ち寄るにも最適な場所で、富士山を撮影する絶景のスポットとしても有名です。天候にもよりますけど、その絶景は一度見たら必ずまた見に行きたくなる、それほど素晴らしい場所だと僕は思っています。この日は立石公園の駐車場が134号線の通り沿いから混んでいて、三崎に11時までには到着したかったので立ち寄れなかったのが残念でしたけど、もう頭の中はまぐろでいっぱいだったので仕方なしとします。

その立石から車を走らせること30分くらいでしょうか、この日の第一目標地点「三崎港」に到着しました。

三崎の岸壁は釣りをするファミリーで賑わっていました。

僕たちが11時までに着きたかった理由は、三崎港周辺のお店のランチの開店時間が大体11時くらいで、食べたいまぐろが終わってしまう前になんとしてでも着きたかったからです。なんとか11時ちょい過ぎには着けたので安心しました。
候補のお店は三店舗あったのですけど、みんなで話した結果その中でも一番お店の名前にインパクトがあった「ちりとてちん」というお店に入ることにしました。

003

名前はかなり暴れていますけど、店内はというと、普通に落ちついた雰囲気で、満席とはいかないけどもそれなりにお客さんが入っていて、なんと言っても店員の若いお兄ちゃんが礼儀正しくてなかなかの好青年で好印象でした。
この「ちりとてちん」イチ押しのメニューが「ちりとてちん丼」という三色の丼と小鉢、みそ汁、デザートが付いて税込1,944円という定食だったので、僕と妻の父これを注文してみました。妻と妻の母は、三崎丼Aという定食を注文していたんですけど、これも二種類の丼が付いてきてボリュームもあっておいしそうでした。

020 004

広告

写真上が「ちりとてちん丼」定食で左の丼があずま丼という丼で、ごま醤油で漬けたまぐろが乗っかっていてよく味が染み込んでいておいしかったです。真ん中がネギトロ丼で、これも間違いない味です。右は見ての通りいくら丼で、味付けは甘めの醤油味でプチプチとした食感がたまらなくおいしかったです。デザートのスイカもこれまた三浦名物ということで、甘くてとてもおいしかったです。

写真下は女性陣が注文した三崎丼Aです。上と同じくあずま丼とイカの刺身が乗っかった丼で、イカは食感も良くて味も甘くておいしかったですよ。三崎はイカ釣りでも有名ですけど、それも関係しているのかもしれませんね。僕の知っている限りでは、三崎ではケンサキイカという種類のイカがよく釣れるので、この丼に乗っかっているのもそうじゃないかと思うのですが、店員さんに聞くのを忘れてしまったので、もしかしたら違うかもしれません。

こんな豪華な海鮮丼も食べれたし満足した僕たちだったのですが、第二の目的地の和菓子屋さんのいちご大福とわらび餅をお土産で持ち帰るため、横須賀の長沢に向かいました。

この和菓子屋は、京急の長沢駅前にある「できたて屋」というお店なんですけど、妻の母のお友達とその旦那様が経営していて、お二人共サーフィンをやられている爽やかな夫婦で、とても気さくに接してくれる明るいお二人です。

011

写真の空き缶で作られた手作りの飾りが涼しげで良かったです。
この「できたて屋」の一番人気は大きないちごがまるごと入ったいちご大福なんですけど、この日はもう午前中で売り切れてしまっていて無くなってしまっていたので、代わりにフルーツトマトがまるごと入ったトマト大福とわらび餅を買って帰りました。

トマト大福を二つに切るとこんな感じです。

025

トマト大福を食べてみた感想は、フルーツトマトというだけあってもはやトマトの味ではなくあま~い新しいフルーツでした。僕は間違いなく近々また買いに行きます。そうです、完全にはまりました。なんかトマトをまるごと入れるという発想も大胆でいいですよね。素材を存分に味わうという意味ではこれが一番でしょう。

どうでしたか?Doさん一家の三浦半島グルメ旅。

三崎のまぐろを食べたことがないという人は、是非ご賞味あれ。
「できたて屋」のフルーツ大福も旅のおみやげとしておすすめしますよ!

「できたて屋」までのアクセス

[住所] 神奈川県横須賀市長沢1-38-1-103
[電話] 0468-95-7066
[定休日] 月曜日
[地図]

「ちりとてちん」までのアクセス

[住所] 神奈川県三浦市三崎3-10-1
[電話] 0468-82-6956
[定休日] 木曜日
[地図]

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

広告

簡単レシピ集はこちらから

緑と一緒に暮らそう

暮らしを豊かにする風水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です