オリヅルランに一日花と呼ばれる白くて綺麗な花が咲きました

【この記事は 3 分で読めます。】

Doさんのブログにようこそ!

今年(2016年)の7月に入って購入したオリヅルラン。

001

ここ最近水やりはしていたものの、じっくり見る時間が無くて気づきませんでしたが、なんと花が咲いていました。

001

白くてきれいな花です。

中央でピーンと伸びている先端が黄色いものは雌しべでしょうか。

僕のスマホのマクロ機能の限界で撮影してみます。

Doさん
えいっ!!
002

広告

Doさん
ちょっとお隣にピントが合ってしまったような。。。

でもなんとなく分かりますでしょうか?

この黄色い部分で花粉を受け入れて花を咲かせるのですね。

実はこの花、朝咲いて夜にはしぼんでしまう一日花なんだそうです。

現在の時刻19:40分なので、きっとこの後しぼんでしまうんでしょうね。

でも、初めてオリヅルランの花が見れてちょっと興奮しました。

オリヅルランは花言葉も素敵

ランナーと呼ばれる細い茎(上の写真の花が付いている細い茎)に、子株をたくさん付けることから「集う幸せ」「子孫繁栄」という花言葉がつけられています。

「集う幸せ」「子孫繁栄」、いい響きですね。

わが家のオリヅルランも小さいですけど子株が育ってきているし、花も咲きましたし、ささやかな幸せを感じることが出来ました。

最後に


このオリヅルランなんですけど、「集う幸せ」「子孫繁栄」という花言葉を持っていることから新婚さんや妊婦さんへのプレゼントとしても大変喜ばれるそうなので、もし周りにいましたらプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

ワイフ
それはいいプレゼントだね!
Doさん
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

広告

簡単レシピ集はこちらから

緑と一緒に暮らそう

暮らしを豊かにする風水