簡単!食べたい時にすぐ出来る!彩り鮮やかなおいしいタコライスの作り方

【この記事は 5 分で読めます。】

Doさんのブログにようこそ!

今回は、沖縄の金武町(きんちょう)が発祥の「タコライス」を家庭でも簡単に作れる方法で作っていきたいと思います。

437156

ここ最近料理を始めて楽しく毎日を過ごしています。

とにかく作るのは楽しいんです。一つだけの悩みを除いては。。。

その一つだけの悩みとは、その日作るものを考えることです。その理由は、料理初心者であるが故に作れる料理のレパートリーが少ないからです。

そんな悩める料理初心者の僕をいつも助けてくれるのが、我が妻です!!

いつも何を作ろうか僕が迷っていると、

ワイフ
あれが食べたい!これが食べたい!

ってな感じでバンバン食べたいものを言ってくれるんです。(笑)

今日もそんないつもの流れで、LINEでタコライスのレシピが送られてきたので、いざチャレンジしてみようと思います。

ワイフ
今日も期待してますよ~(^q^)
Doさん
まかせとけっ(^^)/

彩り鮮やかなタコライス

 

【使う材料(2人前)】
ご飯・・・・・・・・お好きな量
合挽き肉・・・・・・200g
玉ねぎ・・・・・・・1/2
ニンニク・・・・・・1/2
レタス・・・・・・・2~3枚
ミニトマト・・・・・6個【ソース】
ケチャップ・・・・・大さじ4
ウスターソース・・・大さじ2
カレー粉・・・・・・小さじ1
塩コショウ・・・・・少々

 

img_20160923_192707

【レタスの保存方法の豆知識】

img_20160923_192528

広告

上の写真のようにレタスの芯の部分につまようじをさしてから冷蔵庫で保存すると、通常は平均で3日でしおれていくレタスが1週間くらいはシャキシャキの新鮮状態を維持します。
レタスは収穫後も成長を続けているので、芯の部分が栄養分を欲して葉を弱らせてしまうそうです。こうして芯につまようじをさすことで、成長を止め鮮度を維持できるのです。

作り方

1. 玉ねぎとニンニクはみじん切りに、レタスは千切り、ミニトマトは4等分に切ります
2. 調味料を混ぜてソースを作ります
img_20160923_194502

材料のケチャップ(大さじ4)、ウスターソース(大さじ2)、カレー粉(小さじ1)、塩コショウ(少々)をよく混ぜます。

ソースはカレー粉が効いていて、とても食欲をそそる匂いがします。

3. タコミートを作ります

フライパンに大さじ1の油とニンニクのみじん切りを入れて熱し、程よくニンニクの香りがしてきたら合挽き肉をある程度火が通るまで炒めて、そこに玉ねぎのみじん切りを加えて一緒に炒めます。

火は中火で、しっかり火が通るまで炒めて下さい。

4. 3に塩コショウとソースを加えしばらく煮詰めます

3~4分くらい煮詰めていい感じの色になったらタコミートは完成です。

僕は煮詰めている最中に無駄に混ぜたりして、Tシャツを汚し辺り一面をタコソースでにぎわしてしまいました。

ワイフ
ほんっと子供みたいだね(・_・;)
Doさん
いつもどおりです\(^o^)/
最後にきれいに盛り付けていきます
img_20160923_200059

御飯の上にまずはレタスをのせ、次にタコミート、とろけるチーズ、トマトの順番でのせて、最後に

img_20160923_200108

家にあったドンタコスをのせて個性を出してみました。

食べてみた感想

味は辛くなく子供でも問題なく食べれます。タコミートにカレー粉とニンニクが効いているのでスタミナを付けるのにはピッタリのレシピだと思います。

もし辛いのが大好きな方は、ソースにチリソースを使うかもしくはタバスコなどをかけて調整してみて下さい。
Doさん
ここまで読んでいただき、ありがとうございます

 

広告

簡単レシピ集はこちらから

緑と一緒に暮らそう

暮らしを豊かにする風水