予定帝王切開の流れはこんな感じ! 私の記録【手術当日】①

【この記事は 3 分で読めます。】

我が家のベビはずーっと逆子のままでしたので、早くから先生に帝王切開になるかもね~と言われていました。

無事に産まれてくるならなんでもいいや!と思いつつも、手術はやっぱりコワイ・・・

少しでも恐怖感を和らげたくて、同じ方法で出産された方のブログを読みまくり、事前にだいたいの流れを頭に入れておきました。

流れを知っておくと、何をされているかわからない恐怖からはいくらか開放されるはずです^_^

というわけで、私がお世話になった産院ではこんな感じ↓↓↓

手術前の下準備から手術直前まで

前日から入院する産院もあるようですが、私は当日の午前中に行って(前日の食事制限なし、浣腸なし!)、午後1時頃に出産になるという予定。

受付を終えると、すぐに手術服に着替える(下着も全部没収すっぽんぽん)

↓ 手術台に寝て、ベビの体勢の最終チェック当日に逆子が治るということもあるらしい!)私は治って・・・・・・ない。相変わらずお尻は下でした(笑)

↓ 剃毛 けっこうガッツリ!

↓ 点滴 痛い(;_;)点滴を打ちながら、1時間ほど寝る。

↓ 心電図器具の装着(自分&ベビ) 手術っぽくなってきて、このあたりから緊張し始めたのを覚えてます。

広告

↓ 硬膜外麻酔の為の管を装着 痛くないです!体育座りのまま横を向いて寝て、背骨を突き出した体勢を取るのですが、看護師さんに押さえつけられ、「キャーとかコワーイって言ってもいいけどこの体勢から絶対動かないで!!」と強く言われました。また、看護師の友人から、どういう物か詳しく知らないほうがいいと言われていたので、これについては調べませんでした。知ってたらビビってダメだったかも。未だにどういう物か知りません(^_^;)

↓ 尿道カテーテルの装着 麻酔の後なので、もちろん痛みなしです!麻酔の作業をしている時、若干トイレに行きたかったのを我慢していた為、尿道カテーテルを通したことにより開放!スッキリ!

↓ 手足を固定 尿道カテーテルまでは私の頭の中で順番通りだったのですが、手足を縛られるとは思っていなくて、ここで何故か恐怖感が高まり涙が・・・

↓ 麻酔の最終確認 上半身に先に刺激を与え感じるか確認した後、下半身も同様に刺激を与えて感じるかどうかを確認しました。私は麻酔が効きにくいのか、ほんの少し下半身に刺激を感じる?!?!

↓ 手術用の布を被せられる テレビドラマでよく見る光景だ~なんて思って見てました。。。が、更に恐怖感が強くなりガクブル(ToT)

↓ 鼻に酸素チューブをつける チューブ、鼻からけっこうずれてるけどそれどころではありません。

↓ 旦那入場 帝王切開でも立会OKだったので、主人に立ち会ってもらいました。その方が心強いはず!血に強ければですが(笑)

 

★次回、予定帝王切開の流れはこんな感じ! 私の記録【手術当日】② 手術開始から術後について

広告

簡単レシピ集はこちらから

緑と一緒に暮らそう

暮らしを豊かにする風水