大きく成長したポトスの一部を苔玉に挿し木してみました

Doさん
いつもご覧いただきありがとうございます。

ここ最近苔玉作りにはまっている僕なのですが、今回は挿し木という方法でポトスという観葉植物の苔玉を作ってみました。

今回使うポトスがこれです。

001

引っ越してきた時からずっと育てているポトスなんですが、二年間で60cmくらい伸びました。

ポトスは観葉植物を育てたことがない初心者の方やズボラな方でも、たまーに土が乾いたら水をあげる程度でぐんぐん育ってくれるので、手入れが本当に楽です。

我が家では増えすぎたポトスをハサミで切って瓶に挿し木しておいたので、今日はこれを使って作っていきます。

002

材料は前回のテーブルヤシの苔玉を作ったときとほぼ同じですが、苔は水苔ではなくて天然の苔でハイ苔という種類のものを使います。

いつもご覧いただきありがとうございます。観葉植物や盆栽が好きな人なら「苔玉」って聞いただけで「あぁ~あれね」って分かってしまうと思うんですけど、見たことも聞...

 

ハイ苔とは

 

023

材料

  • ポトス
  • ケト土
  • 赤玉土
  • 腐葉土
  • バーミキュライト
  • ハイ苔
  • ケト土をこねる桶
  • 苔を巻く糸(裁縫用で大丈夫)
  • 薄手のゴム手袋

さぁ、まずはゴム手袋をつけてケト土:7と赤玉土:3をの割合で混ぜたものをこねていきます。

025

前回テーブルヤシの苔玉を作ったときは水の量がやや少なめでケト土の粘り気が少なかったので、今回は霧吹きで調整しながら柔らかめにしてみました。ケト土の粘り気を出したほうが苔を貼り付けるときにやりやすい気がします。

こね終わったらケト土は一旦置いといて、観葉植物の土を作っていきます。

026

土の配合の割合は赤玉土4:腐葉土4:バーミキュライト2で、よく混ぜていきます。僕はけっこう適当なので、割合の量は目分量です。

そんなに神経質にならなくても大丈夫なので、大体で大丈夫です。

観葉植物の土を作ったので、先ほどこねたケト土をおわん状にして観葉植物の土とポトスを入れます。

027

見ての通り適当さが出ていますね。最終的に形になれば大丈夫!

ポトスの根っこはかなり伸びていたので少し切りました。

あんまり根っこが伸びていると植物にとっては窮屈で環境が良くないので、もし根っこがたくさん絡まっている状態でしたら切って調整して見て下さい。

そしたら、入れるものは入れたのでコネコネと丸く形を整えていきます。

029

じゃ~ん!
それなりに丸くなりました。
僕は今回丸い苔丸を作っているんですけど、苔玉は丸い形だけではなくて自由に形を決めれますので、チャレンジしてみる方は自分の個性を出してみてくださいね。

では、形も丸くなったので、ハイ苔を貼り付けていきます。

どうですか?やはりハイ苔のほうが水苔と違って緑がきれいで雰囲気が出ますよね。

苔は下から順番に貼り付けるとやりやすいと思います。

苔の貼り付けの様子と糸巻きの様子の写真は両手がふさがっていて撮れなかったので、そこは皆さんの想像に任せます。

不器用な僕は手こずりましたが、皆さんならきっと大丈夫。

そして最後に、霧吹きで完成した苔玉に水をあげてしっとりさせてあげます。

032

この時上げる水の量はたっぷりで大丈夫です。

もう受け皿から溢れんばかりにビショビショにしちゃって下さい。

先日ブログでも載せた不器用な僕が作ったスリッパラックがあるんですけど、実はそのスリッパラックにこの苔玉を飾りたくて今回は作ってみました。

いつもご覧いただきありがとうございます。今日は我が家の悩みのタネだったスリッパの収納をDIYで作りたいと思います。わが家には引っ越してきた時から玄関にスリッパラ...

 

どうですか?

なかなか玄関の印象が良くなったように見えますね。

次回の苔玉は妻からリクエストを頂いている長寿梅という盆栽用の植木で、ちょっと本格的なのを作ってみようかと思っています。

それでは、苔玉を作りすぎて家中に苔が生えてくるんじゃないかとちょっとビビっているDoさんでした。

Doさん
ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

ガーデニング・観葉植物を楽しむならココがおすすめ♪

気に入ったらポチッと

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Music

当サイトの管理人をしている僕、Doさんが、若かれし頃に経験したDJの経験を活かして、読者の皆様に気持ちよく聴いていただけるおすすめMusicを紹介するコーナーです。ちょくちょく更新しますので、視聴がてら訪問しに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まずは、ここまで見て頂けてうれしいです。ありがとうございます!管理人の安藤裕介と申します。ただいま全力で1歳の息子のおもちゃを努めています!文章ベタで読みにくい所が多々ありますが、気持ちを込めて記事を書かせていただきますので、またの訪問お待ちしてます。