90年代HIPHOP黄金期の名曲!~絶対外せない名曲集~Vol.2

おかげさまで、90年代HIPHOPの名曲集の第2弾やらせていただきます。

前回見た方は下の文言は飛ばして曲まで飛んじゃって下さい!

Doさん
いつもご覧いただきありがとうございます。

今日は当サイトの管理人でDJ 経験のあるDoさんが

今日、今、聴きたい曲にお困りだという

そんな人におすすめの曲を紹介しちゃうよ~という記事です。

このブログの読者だった方は意外な反応をしてそうですが、僕、実は若かれし頃はDJを趣味として青春を過ごしていたので

なかなか良い選曲をするかもしれませんよ~!

まさかプロとしてプレイしていたわけじゃないですが、それなりに音楽の楽しさを追求していました。

なので、選曲にお困りのあなたのお役にちょっとは立てるかなと。

もし今回の記事内の曲が微妙でしたら、他の記事の中にもおすすめを紹介していますのでそちらを読み漁って見て下さいね!

最後に下にリンク貼っておきます!

今日もSpotifyの視聴機能を駆使してお伝えしていきます。

では

Check it out


【第2弾】これであなたも90年代HIPHOPをマスターできる!

そもそも90年代のHIPHOPってそんなにいい曲があるの?

現代の、特に平成生まれの人にとっては90年代の音楽自体あまり馴染みがないですよね。

そりゃ~疑問になって当然です!!

では、元DJの僕が90年代のHIPHOPってどんな感じなのという質問に対して簡単に説明します。

90年代のHIPHOPの世界って、もちろん個性豊かでラップの上手いアーティストが沢山いたんですけれど

なぜそこまで名曲が生み出されたかというと、凄腕のプロデューサーがゴロゴロいた時代だったんです。

有名な人で、DJプレミア」「ピート・ロック」「JazzyJeff」「エリック・サーモン」「ドクター・ドレー」「RZAとか、

名前を上げていったらキリがないくらいた~くさんいるんですよ。

でもそれだけでは名曲と言える理由としてイマイチ納得がいきませんよね。

では、なぜ名曲といえるのか・・・

それは、デジタル化が進んだ現代とは違って、サンプリングなど曲を作る過程がとても難しく内容の濃いものだったんです。

今はパソコンで音源を探せばポンって簡単に出てくる時代ですよね?

当時のサンプリングはそうではなく

数え切れない程のジャズやソウル、それからファンクなどのアナログ・レコードの中から使いたい音源をサンプリングして作っていた時代だったんですね。

ですから、曲調も独特でJazzy」「Soulful」「Funky

凄腕のプロデューサー達の個性、感性で様々なHIPHOPジャンルが誕生した訳です。

特にレコードから録った音源というのは、それはそれは温かみがあって

ついつい聴き入ってしまう。

そんな良さも相まって名曲と言えるということです。

間違いなく、現代の音楽がここまでに成長したのは彼ら彼女らのとてつもない努力があったからこそといっても過言ではないでしょう。

これから90年代HIPHOPを詳しく知りたいという方は、僕が可能な限りこのブログのコーナーで配信していきますので

ぜひ参考にして下さいね!

では、曲紹介はこの後続きますので離脱しないでそのまま進んで下さい。

 

 Nas ”Nas Is Like”

 


一発目は1999年にリリースされたNas“Nas Is Like”です。

プロデューサーを努めているのはDJプレミアです。

ドラムのビートがTheヒップホップって感じで、DJプレミアの色が濃く出ています。

ラップの内容はかなり凄いこと言ってるんですけど、まぁ、Nasはそれに見合った実力の持ち主でなので

そこはスルーで。

曲の詳細はこちら⇩

 

 ジェルー・ザ・ダマジャ ”Me or the Papes”

 


1996年にリリースされたジェルー・ザ・ダマジャの曲で“Me or the Papes”です。

聴いていてなんとなく分かった方もいるかもしれませんが

こちらもDJプレミアの作品になっています。

この曲はピアノの美しい音色が特徴的で、大人かっこいい雰囲気のHIPHOPですね。

プレミアの曲は、こういったピアノやラッパなどからの音をサンプリングして作ったJazzyな曲も多いかもしれませんね。

曲の詳細はこちら⇩

 

 EPMD ”Crossover”

 


1992年リリースにリリースされたEPMDの曲、“Crossover”です。

EPMDは、エリック・サーモンとパリッシュ・スミスの2人組のグループで、プロデュースはエリック・サーモンが努めています。

エリック・サーモンの曲は、弾けるようなドラムの音が気持ちよくて

曲調はゴリゴリのファンキーですね。

そして、エリック・サーモンは他のアーティストのプロデュースをもしていて、やはり名曲が多いです。

車の中でガンガンにして聴いちゃって下さい!

曲の詳細はこちら⇩

 

 ダス・エフェックス ”Real Hip-Hop (Pete Rock Remix)”

 


こちらは僕のお気に入りTop10に入っている曲です。

1995年リリースされたダス・エフェックスの曲で“Real Hip-Hop”です。

Pete Rock Remixなので、プロデューサーはピート・ロックなんですが、

もしかしたら曲調で分かっちゃいました?

高いドラムの音がもろにピート・ロック感丸出しな感じになっちゃってますね。

リアルヒップホップ、Dopeですね~!!!

曲の詳細はこちら⇩

 

 O.C. ”Born 2 Live”

 


1994年にリリースされたO.C“Born 2 Live”です。

こちらの曲はWord…Lifeというアルバムに収録されている1曲で、プロデュースはBuckwildがほぼ全曲手がけています。

この曲はSoulシンガーのKeni Burkeの”Risin’To The Top”というネタにビートを重ねた心地の良いテンポが印象的になっています。

収録アルバム内のWord…LifeのRemixにも注目です。

 

曲の詳細はこちら⇩

 

 グループ・ホーム ”Supa Star”

 


またまたDJプレミアプロデュースの曲のご紹介です。

1995年にリリースされたGroup Homeの曲で”Supa Star”です。

ドラムのビートが弾けていてたまりませんね。

Group HomeはハードコアなHIPHOPを代表するグループの一つで、DJプレミアが全面的にプロデュースをしています。

この曲でもプレミアの「チョップ」は炸裂していて、いい感じです。

曲の詳細はこちら⇩

 

 SOULS OF MISCHIEF ”93 ‘Til Infinity”

 


最後は西海岸ニュースクールの先駆け者となったグループのご紹介です。僕の中でHIPHOP界のキング。

SOULS OF MISCHIEFで1994年にリリースされた“93’Til Infinityのご紹介です。

Jazzyテイストに疾走感あふれるテンポのビートが合わさった感じで、

まさに永遠の名盤というにふさわしいナンバーですね。

曲の詳細はこちら⇩



まとめ

90年代HIPHOPの名曲集Vol.2はいかがでしたでしょうか?

前回にひき続き、DJプレミアさんのプロデュースした曲が多めとなっていますが、

それだけHit作品が多いということでもあります。

今回も90年代HIPHOPの名曲を7作紹介させていただきましたが、気にいる曲に出会うためのお手伝いになっていれば大変うれしいです。

次回もとっておきの名曲を惜しまなく放出していきますので、ぜひまたお越しください。

では。

Doさん
ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

【前回の記事はこちらです🔻】

 

 

Spotifyは無料のフリープランからお試しで使えますので、初めて音楽のストリーミングサービスを使う人には特におすすめです。

さらに、ヘビーに使いたい音楽好きの人には980円のプレミアムプランが用意されているので、思う存分楽しめます。

 

もし合わなければ定期購読を解除できますので、安心して使えます。

 

おすすめのアルバムをチェックしてみよう!

気に入ったらポチッと

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Music

当サイトの管理人をしている僕、Doさんが、若かれし頃に経験したDJの経験を活かして、読者の皆様に気持ちよく聴いていただけるおすすめMusicを紹介するコーナーです。ちょくちょく更新しますので、視聴がてら訪問しに来て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

まずは、ここまで見て頂けてうれしいです。ありがとうございます!管理人の安藤裕介と申します。ただいま全力で1歳の息子のおもちゃを努めています!文章ベタで読みにくい所が多々ありますが、気持ちを込めて記事を書かせていただきますので、またの訪問お待ちしてます。